目尻のしわを見つけたら

年齢を重ねてくると気になる目元。目の下のしわや目尻のしわは20代の頃には全くなかったのに、30代になると段々出てくるものです。

目の下のしわや目尻のしわは笑った時に出てくる笑いじわがありますが、笑いじわは年齢を感じさせてしまったりもするので気をつけなければいけません。
とにかく目元の年齢のサインには敏感に反応して、早めにケアをするようにした方が良いです。

ではその目元の年齢のサインにはどんなケアをすれば良いのでしょうか?一番はやはりアイクリームでケアをすること。アイクリームは目元のしわに良い成分が入っていますから、それを活用しない手はありません。

アイクリームをつけるタイミングは化粧水を付けて美容液や乳液とクリームのお手入れを終えた後。指の腹で優しくトントントンとアイクリームをなじませていきます。目元は皮膚が薄いので強くこすってしまうとお肌を痛めてしまうので、とにかく優しく塗るというのがポイントです。

アイクリームは塗ったあとお化粧すると油分が多く取れてしまう為、基本夜のお手入れになります。でもお休みの日には朝顔を洗って化粧水、美容液、乳液やクリームのいつものお手入れの後にアイクリームを何回かに分けてこまめに塗るという方法なら一日かけてケアができるのでオススメです。

一日すっぴんで過ごして、目元を含めたお肌の集中ケアをするのです。お肌が元気になるように一日かけてケアをするという時間を持つことで、きっとお肌はそれに応えてくれるはずです。